神戸市灘区の横幕鍼灸院は、どこへ行っても良くならない痛み・めまい・耳鳴り・難聴・不妊症・自律神経失調症・緑内障等の症状を専門に鍼灸治療致します。

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制 まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

子宮内膜症を治すために

子宮内膜症を治すために

子宮内膜症の原因・症状・治療

子宮内膜症でお困りの方は非常に多く、痛み・不安・不正出血などの症状でお悩みです。子宮内膜症は、不妊症の原因となります。不妊の方の約20~30%が、子宮内膜症をお持ちだとも言われています。
不妊症を治すためにも、子宮内膜症について知る事は、とても大切な事です。このページでは、妊娠するために、子宮内膜症と不妊症について詳しくお伝えしていきます。

【目次】

  1. 子宮内膜症とは?
  2. 子宮内膜症の症状
  3. 子宮内膜症の原因
  4. 子宮内膜症の治療

1. 子宮内膜症とは?

子宮の中は、子宮内膜という上皮組織が存在しています。この子宮内膜は月経周期に伴い受精卵が着床しやすいように肥厚し、妊娠が起こらなかった場合には月経によって体外へと排出されます。

子宮内膜症は、本来であれば子宮の内腔にあるこの子宮内膜が、卵巣やダグラス窩、S状結腸、膀胱、腹腔、直腸、仙骨子宮靭帯、膣、外陰部などの子宮以外の場所に発生する女性の病気です。

子宮内膜症は女性の5〜10%程度に見られるとされています。初潮から年数が経つほど有病率が増加するとされており、10代には少なく、20代、30代と有病率が増加していき、40代でピークとなります。遺伝的な要素の関連もあるとされており、不妊症の原因ともなります。

特に、月経周期が短い女性、月経の期間が長い女性、未妊娠の女性やが子宮内膜症になりやすい特徴であると言われています。年をとって閉経を迎えることで卵巣からのホルモン分泌がなくなることで、子宮内膜症の症状も治まってきます。

2. 子宮内膜症の症状

子宮内膜症の症状として、多いのが、生理時の非常に強い痛みであり、子宮内膜症の女性のほとんどにこの症状がみられます。生理時以外に生じる下腹部痛や腰痛、排便痛、性交痛といった痛みに関する訴えも多いです。その他にも、月経困難、不妊、不正出血や多量の経血などの症状がみられます。

子宮内膜症は月経を重ねるとともに進行していくため、月経の回数が多いほど症状が進行していきます。そのため、年々症状が重くなっていく傾向にあります。

また、不妊については、その原因の20〜30%が子宮内膜症であるとも言われています。子宮内膜症が、卵管に生じると卵管障害を起こし、排卵による卵子の通行を妨げてしまうことで不妊の原因となります。卵管に癒着がなく、排卵があっても、子宮内膜症があることで、妊娠が起こらないこともあります。このメカニズムについては、不明な点も多いですが、子宮内膜症の存在自体が妊娠に不利に働くと考えられています。

3. 子宮内膜症の原因

子宮内膜症の原因は、はっきりと解明されていません。遺伝による影響やストレスの多い方がなりやすいなどの報告もありますが、そのメカニズムについては現在も探求中です。

子宮内膜症の原因としては、月経血の逆流によるものがあります。月経血は膣を通って体外へと排出されます。しかし、この血液が子宮から卵管を通ってお腹に逆流することで子宮内膜症が発生すると考えられています。また、体腔上皮化生説と呼ばれる物で、腹膜が何らかの原因で子宮内膜に変化してしまうというものです。

子宮内膜症の症状の経過としては、子宮内膜症を起こす組織が、卵巣や腹膜などで大きくなります。このとき、月経によって剥離した組織や血液が溜まることで、ブルーベリースポットと呼ばれる小さな血腫ができます。この点状の病巣は、月経を繰り返すことで大きくなっていき、次第に固まり癒着を起こします。

卵巣内部が血液でいっぱいになってしまうチョコレートのう腫と呼ばれる状態となります。癒着が骨盤内の臓器全体にまで広がってしまうと、月経時以外にも非常に強い疼痛を引き起こすことにもなります。

4. 子宮内膜症の治療

子宮内膜症の治療法は、大きく薬物療法と、手術療法の2つにわけられます。

子宮内膜症の症状は月経が来るたびに卵巣から分泌されるエストロゲンの働きによって症状が進行します。妊娠や出産を経験して、月経が止まることで子宮内膜症の病状が緩和します。

薬物療法では、エストロゲンの分泌や働きを抑制することで、子宮内膜症の治療を行います。薬物療法には、月経を起こす女性ホルモンの分泌をとめ閉経後と同じ状態を作る偽閉経療法と、体内のホルモンバランスを妊娠した状態と同じにする偽妊娠療法があります。

子宮内膜症の薬物療法を行っても、子宮内膜症が完治せず再発を繰り返す場合、病態が著しく進行している場合などは手術療法を行う事があります。手術療法は、保存手術、卵巣機能温存術、根治手術の大きく3種類があります。子宮内膜症の病状の進行具合や妊娠希望の有無によって変わります。妊娠を希望する場合には、卵巣や子宮を温存して病巣のみを取り除く、腹腔鏡を使った保存手術を行うことが多くあります。

子宮内膜症について、正しい知識を持つことが、妊娠へとつながります。しっかりと治療をしてあげれば、子宮内膜症は良くなる病気です。どうぞあきらめないで下さい。

ご予約・お問合せはこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約下さい。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約・お問合せはこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

スタッフ紹介

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

医院のご案内

赤枠=休診日
土曜日・日曜日も診察しています。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

当院は完全予約制です

078-891-3590

診療時間

 
9:00~13:00
14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。