神戸市灘区の横幕鍼灸院は、どこへ行っても良くならない痛み・めまい・耳鳴り・難聴・不妊症・自律神経失調症・緑内障等の症状を専門に鍼灸治療致します。

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制 まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

頸椎ヘルニアを治すために

頸椎(けいつい)ヘルニアを治すために

頸椎(けいつい)ヘルニアの症状・原因・治療

頸椎ヘルニアとは、何らかの原因で、頸椎のクッション材の役割をしている組織が損傷して、脊髄や組織を圧迫します。頸椎ヘルニアの症状としては、痛み・しびれ・麻痺がおこりやすくなります。

頸椎ヘルニアの症状が強くなりますと、物がつかみにくくなる、手が思うように動かないなどの日常生活に支障をきたします。

頸椎ヘルニアは、病院でレントゲンやMRIなどの検査にて判明します。病院で、お薬やリハビリを行っても良くならない方も多くおられます。頸椎ヘルニアの症状が進行しますと、麻痺などの症状が起こります。頸椎ヘルニアは、早期の診断、早期の治療が大切になります。

このページでは、頸椎ヘルニアの症状を治すために、頸椎ヘルニアの症状・原因・治療について詳しく説明していきます。


【目次】
1.    頸椎ヘルニアとは?
2.    頸椎ヘルニアの症状
3.    頸椎ヘルニアの原因
4.    頸椎ヘルニアの治療

1.頸椎(頸椎)ヘルニアとは?

▲クリックして画像を拡大

頸椎(けいつい)ヘルニアとは、頸椎を上下に連結している椎間板の組織が圧迫されることなどにより、損傷を受けます。この結果、椎間板が飛び出したりする状態を示します。

このため、頸椎の中を通る脊髄や神経、神経根を急激に圧迫することで、手足のしびれや肩の痛みなどの症状が起こります。

頸部の脊髄には、脳からの命令を手足に伝える運動神経と、痛みや熱さなどの感覚を伝える知覚神経が通っています。

椎間板の損傷の程度で、脊髄や神経などへの影響は異なります。場合によっては、手足の動きが制限されたり、感覚が麻痺してしまうこともあります。

椎間板ヘルニアは、60歳以上の方に多く起こると言われております。加齢等によって、腰部に発症することが知られています。しかし、頸椎ヘルニアの場合は、20~30代の若い年代で発症することも多くなっています。

頸椎ヘルニアの原因の多くは、何らかの事故や、首への無理な負担によるものです。椎間板が傷つき、頸椎ヘルニアの原因となります。手足や肩、首のしびれや痛みだけでなく、麻痺などの重篤な症状を残す場合もあります。

頸椎ヘルニアによく似た症状で「頚椎症」があります。この頸椎症は、若い世代には少なく、高齢者によくあります。加齢による骨の変形が原因となって、手足のしびれや肩の傷みなどの症状が出ます。症状は同じようですが、「頸椎ヘルニア」と「頚椎症」は全く異なる病気です。

2.頸椎ヘルニアの症状

頸椎ヘルニアの症状は、頸椎の椎間板が潰れたり、すり減ったり、脊髄や神経に及ぼす度合いによって、初期症状から深刻な状態まで様々です。

頸椎の骨と骨のクッションの役目をしている椎間板は、加齢によって変形したり、摩耗することで、痛みや痺れを生じる場合があります。

また、事故や急な衝撃によって、脊髄を傷つけることで、麻痺などを起こす事もあります。

頸椎のどの部分で脊髄圧迫が起こっているか、神経のどの部分を刺激しているかで、症状が異なってくるのです。

●初期段階・・・肩こり、首の痛み、後頭部の傷みなど、首を回すと痛みが強くなるのが、頸椎ヘルニア特有の初期症状です。

●首以外の症状・・・神経の通り道である頸椎は、首以外の部位でも症状が出てきます。腕、手、指の痛みや痺れ、手足の感覚が不明瞭になり、冷たく感じたり、熱く感じたりします。

感覚障害も起こり、手に力が入らないなど、筋力の低下も見られるようになります。頭痛、めまい、耳鳴りなどの症状が出ます。加えて、頸椎から離れた、指や足などにも症状が出ます。そのため、頸椎ヘルニアが進行するまで、原因が分からない事も少なくありません。

頸椎ヘルニアが進行すると、手足の麻痺が進み、小さなものが掴めない、転びやすいなどの運動機能障害が現れます。頸椎ヘルニアが悪化すると、排泄の感覚が鈍くなり、排泄が困難になる場合もあります。

首や腕などに激痛を伴い、日常生活に支障をきたし、重い障害が残ることもあります。頸椎の小さな部位から始まった頸椎ヘルニアの症状は、全身に大きな影響をもたらす病気に進行していきます。

3.頸椎ヘルニアの原因

頸椎ヘルニアの原因は、脊柱にかかる刺激の緩衝材になっている椎間板が、異常をきたすことにあります。髄核(ずいかく)の周辺を繊維輪(せんいりん)が包む形で椎間板は成り立っています。

しかし、髄核が何らかの原因で繊維輪(せんいりん)から飛び出すことで、その周囲の神経を圧迫することが、痛みや痺れの原因になります。

頸椎ヘルニアは、性別や年齢には関係なく起こる病気と言われています。しかし、40代以降で頸椎ヘルニアの症状に困っている人に目立つのは、骨の老化が原因として考えられます。

また、カルシウムやマグネシウムが不足している人や、猫背で姿勢が悪い人も頸椎への負担が大きくなります。それが頸椎ヘルニアを発症する原因になるため、注意が必要です。

脊髄圧迫は生まれつき脊柱管が狭い人に起こりやすいともいわれます。すでに20歳代から「加齢的変化」は椎間板で起こっています。姿勢の悪さが背骨に負担を掛けて、繊維輪(せんいりん)が膨らんだり、亀裂が入ってしまい、髄核が外にはみ出します。

原因としましては、

  • 加齢的変化
  • 姿勢の不良による負担の蓄積
  • 外傷や急激な運動による負荷

などによって、椎間板が損傷して神経が圧迫されるのです。

4.頸椎ヘルニアの治療

頸椎ヘルニアの治療は、手足に現れている症状によって変わってきます。

すでに手足に麻痺が出て、運動が困難になっている場合は、基本的に手術が必要になります。手足のしびれや痛みなどの感覚障害だけの場合や、初期症状の場合には、内服薬が用いられます。

また、頸椎装具を3~4ヶ月装着することで、頸椎ヘルニアの症状を緩和していく「保存的治療」も用いられます。

頸椎ヘルニアの保存的治療は、首の安静が基本になります。ネックカラ―と呼ばれる「頸椎カラー」という首に巻く装具を付けて安静を保ちます。そして、消炎鎮痛剤やビタミン剤を服薬します。

また、専用の機械を利用して、軽く首を引っ張る「牽引療法」も、頸椎ヘルニアの治療によく使われます。

保存的治療の他に、頸椎ヘルニアにお困りの方自身が自分で出来る、頸椎ヘルニアの症状を緩和する方法もあります。それは、首を前に倒す「前屈」をすることです。前屈を行えば、椎間板の間にスペースが生まれるので、圧迫が和らぎ良くなることがあります。逆に後ろに反らす「後屈運動」は、危険なので絶対にしてはいけません。

運動麻痺が出ている重症の場合には、そのままにしておくと、さらに悪化していきます。悪化すると手術が必要になります。

椎間板が飛び出す位置は、頸椎ヘルニアでは、主に4ヶ所です。椎間板の飛び出している数によって手術方法が変わります。椎間板の飛び出し箇所が1~2所の場合は、首前方から手術する「前方除圧固定法」で手術します。

椎間板飛び出し箇所が3所以上の場合には、「後方除圧」で手術します。後方除圧」には、棘突起切除術、椎弓形成術、脊柱管拡大術が代表的です。頸椎ヘルニアにお困りの方の症状や病態に合わせて決められます。

術後の後遺症や他の痛みが生じることが少ない「椎弓形成術」「脊柱管拡大術」が日本では多くなっています。術後すぐに歩行は可能ですが、骨がくっつくまでに3ヶ月程かかり、日常生活にある程度の制限が必要になります。

頸椎ヘルニアの治療では、リハビリ・お薬による治療を行います。しかしながら、頸椎ヘルニアの症状が改善しない方も多くおられます。頸椎ヘルニアの症状は、原因を見つけ、しっかりと治療すれば良くなる病気です。どうぞあきらめないでください。

ご予約・お問合せはこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約下さい。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約・お問合せはこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

スタッフ紹介

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

医院のご案内

赤枠=休診日
土曜日・日曜日も診察しています。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

当院は完全予約制です

078-891-3590

診療時間

 
9:00~13:00
14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。