神戸市灘区の横幕鍼灸院は、どこへ行っても良くならない痛み・めまい・耳鳴り・難聴・不妊症・自律神経失調症・緑内障等の症状を専門に鍼灸治療致します。

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制 まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

間質性膀胱炎を治すために

間質性膀胱炎を治すために

間質性膀胱炎の原因・症状・治療

間質性膀胱炎は、膀胱に炎症がおこり、尿の回数が増えたり、膀胱に痛みを感じたりする病気です。

2014年に日本間質性膀胱炎研究会が行った調査では、日本人の約4,500人がこの病気にかかっているという結果でした。

間質性膀胱炎は男性より女性に多くその割合は1:5~6となっています。子どもにも見られる病気です。

間質性膀胱炎にお悩みの方は、トイレに頻繁に行かなければならないなど、日常生活に影響があります。

少しでもお悩みを減らすために、間質性膀胱炎について知ることが大切です。このページでは、間質性膀胱炎の症状・原因・治療法について詳しく説明しております。

【目次】

  1. 間質性膀胱炎とは
  2. 間質性膀胱炎の症状
  3. 間質性膀胱炎の原因
  4. 間質性膀胱炎の治療法

1. 間質性膀胱炎とは

間質性膀胱炎とは、何らかの原因で膀胱に炎症がおこり、尿の回数が多くなる、急に尿意を感じる、膀胱に痛みがあるなどの症状が出る病気です。

頻繁にトイレに行くため生活への影響も大きく、また治療も長くかかる傾向にあります。

間質性膀胱炎はハンナ型と非ハンナ型に分かれます。間質性膀胱炎のうち約45パーセントがハンナ型です。ハンナ型は難病指定されています。

間質性膀胱炎のハンナ型では膀胱の粘膜に「ハンナ病変」と呼ばれる状態が確認でき、膀胱に水を入れて広げると点状に出血することが診断の条件となります。

ハンナ病変とは、膀胱の粘膜が赤くなり、粘膜の下で炎症細胞が広がっている状態です。毛細血管の走り方も正常とは異なっています。

間質性膀胱炎のハンナ病変は確認できないが、膀胱に炎症があり尿の回数が増え、急に尿意を感じたり、膀胱が痛んだりするなどの症状があれば非ハンナ型となります。

2. 間質性膀胱炎の症状

間質性膀胱炎の症状には以下のものがあります。

  • トイレに頻繁に行く(特に夜間)
  • すぐ尿意を感じる
  • 尿意を感じるとともに、トイレが間に合わなくなりそうな感覚になる
  • 排尿したのにすっきりしない
  • 下腹部の違和感
  • 膀胱や尿道の痛み

間質性膀胱炎の症状やその程度は個人差があります。一般的には膀胱に尿がたまった時やストレスを受けると、症状が重くなる傾向があるといわれています。

間質性膀胱炎における痛みは膀胱や尿道だけでなく、腰や外陰部へ広がることもあります。女性では膣の痛みとして感じることもあります。

3.    間質性膀胱炎の原因

間質性膀胱炎の原因は、医学的にはまだはっきりとはわかってはいません。

一般的な膀胱炎は、まず尿道に感染がおこり、それが膀胱まで広がっていくものです。今のところ、間質性膀胱炎の原因の可能性として考えられるものは、

  • 膀胱の血流が悪くなることによる膀胱の機能障害
  • 尿の中に含まれる有害物質によって膀胱の粘膜が刺激を受けること
  • 膀胱が細菌やウイルスに感染したことがある
  • 免疫力の低下によるもの
  • 排尿に関わる神経が過剰に活動してしまう
  • アレルギー
  • ストレスの多い生活スタイル

などです。

さらに、間質性膀胱炎の原因は一つではなく、これらのことがいくつも重なることで発症するともいわれています。原因が明らかでないことや膀胱、子宮、前立腺の病気で同じような自覚症状が見られる病気もあるため、間質性膀胱炎だとすぐには診断されにくい現状があります。

4.    間質性膀胱炎の治療法

間質性膀胱炎の治療法は、その原因が明らかでないため、主に「対症療法」といわれる治療になります。

対症療法とは、この病気にかかった方に現れた症状それぞれに対して行う治療のことです。

内服治療としては、痛み止めや抗アレルギー薬、抗うつ薬や免疫抑制剤などを使います。一般的な膀胱炎では抗菌薬(抗生剤)を使います。

しかし、間質性膀胱炎は細菌感染が原因ではないため、抗菌薬(抗生剤)は使いません。

他には膀胱水圧拡張術や膀胱への薬物注入療法、食事療法があります。いずれの治療も症状の状態を見ながら継続して行います。

  • 膀胱水圧拡張術

麻酔をかけたあとに膀胱に水を入れて膀胱を広げます。この病気では膀胱が萎縮(標準的な大きさよりも小さくなること)していて尿意が頻回になっているため、膀胱を広げることで尿意が頻繁におこらないようにします。

膀胱水圧拡張術を行う際にハンナ病変が見られた場合は、電気やレーザで治療します。

  • 膀胱への薬物注入療法

ヘパリンジメチルスルホキシドステロイドなどの薬物を膀胱内へ注入します。ヘパリンは膀胱の粘膜を保護し、ジメチルスルホキシドやステロイドは抗炎症作用があります。

  • 食事療法

尿を酸性に傾ける食品や、膀胱の粘膜に刺激を与えるとされるものは避けるようにします。柑橘系の果物や炭酸飲料、ショウガやわさびなどの刺激物、コーヒーなどカフェインを多く含むものは控えましょう。

間質性膀胱炎は、ストレスで症状が悪化するともいわれているので、ストレスを発散できるよう、運動やリラクゼーションで気分転換を図るのもよいでしょう。

また、尿意の間隔を広げる訓練として、尿意を感じた時にあえて少し我慢してみるという方法もあります。重症の間質性膀胱炎や、治療への効果が見られない場合には、膀胱全摘術や尿路変更術を行います。

間質性膀胱炎は、治療によって症状の改善が見られても再燃しやすい病気です。そのため、長期にわたって治療を行わなければならない方も多くいらっしゃいます。間質性膀胱炎は原因を見つけ、しっかりと治療をすれば良くなる病気です。どうぞあきらめないでください。

ご予約・お問合せはこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約下さい。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約・お問合せはこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

スタッフ紹介

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

医院のご案内

赤枠=休診日
土曜日・日曜日も診察しています。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

当院は完全予約制です

078-891-3590

診療時間

 
9:00~13:00
14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。