神戸市灘区の横幕鍼灸院は、どこへ行っても良くならない痛み・めまい・耳鳴り・難聴・不妊症・自律神経失調症・緑内障等の症状を専門に鍼灸治療致します。

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制 まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

頸部脊柱管狭窄症を治すために

頸部脊柱管狭窄症を治すために

頸部脊柱管狭窄症の症状・原因・治療

頸部脊柱管狭窄症(けいぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、頚椎(首)に脊柱管狭窄が起こる病気です。

頸部脊柱管狭窄症は、筋力が衰え骨も変形しやすいご年配の方に多く発症します。

最初は肩こり・頭痛・めまいなど軽い症状から始まりますが、進行すると歩行困難や排泄困難など日常生活に支障を及ぼす可能性があります。

そのため、早期に発見して治療を始めることが重要です。

頸部脊柱管狭窄症の治療は、保存療法(薬物療法や理学療法など)が中心になります。

保存療法での回復が見こめない場合は、手術療法という方法もありますが、首は命にかかわる大事な部分でもあるためリスクを伴います。

頸部脊柱管狭窄症の症状・原因・治療について知ることは、頸部脊柱管狭窄症を治すためにとても大切なことです。このページでは、頸部脊柱管狭窄症を治したい方のために、頸部脊柱管狭窄症の症状・原因・治療について詳しく説明しております。


【目次】

  1. 頸部脊柱管狭窄症とは
  2. 頸部脊柱管狭窄症の症状
  3. 頸部脊柱管狭窄症の原因
  4. 頸部脊柱管狭窄症の治療

1. 頸部脊柱管狭窄症とは

▲クリックして拡大

頸部脊柱管狭窄症とは、頸部(首の部分)の脊柱管が狭くなり、脊髄や神経根が圧迫されることからさまざまな症状が現れる病気です。

首の骨の内部には脊柱管という細長いトンネルのような空間があります。

脊柱管の中には神経や脊髄が通っており、脊柱管は「頭部と体をつなぐ重要な部分を守る役割」を担っています。何らかの原因でこの脊柱管が狭くなると、神経や脊髄が圧迫され、痛みやしびれといった症状が現れるようになります。

頸部脊柱管狭窄症の好発年齢は50~80代です。ご年配の方に多いことから、加齢による影響が大きいと考えられています。男女比では、男性の方が多い傾向にあります。

頸部脊柱管狭窄症は、放置しておくと重症化するだけです。異変を感じたら我慢せずに、すぐ医療機関を受診しましょう。

2. 頸部脊柱管狭窄症の症状

頸部脊柱管狭窄症の症状は、主に首の周囲や上半身に現れます。頸部脊柱管狭窄症の症状は、徐々に進行していきます。

そのため、病気の存在に気づいていない方も多いと考えられています。

頸部脊柱管狭窄症の症状には、以下のようなものが挙げられます。

  • 握力が弱くなる。
  • 指先の自由がききにくい。
  • 肩から手首までの外側や指先に痛みやしびれを感じる。
  • 首や肩まわりの筋肉が極度にこったり緊張したりしている。

頸部脊柱管狭窄症の主な症状は上半身に現れますが、まれに足のふらつき・排泄障害などの症状が現れる場合があります。

頸部脊柱管狭窄症の症状は、首を後ろに反らせると悪化します。首が冷えると痛みがおきやすいので、マフラーやスカーフなどを用いて首を温めましょう。

3. 頸部脊柱管狭窄症の原因

頸部脊柱管狭窄症の原因は、頸部の脊柱管内部が狭くなり、中を通る神経・脊髄・血管を圧迫してしまうことです。

頸部の脊柱管内部が狭くなる要因には、先天的なものと後天的なものがあります。

  • 先天的な要因:遺伝により生まれつき頚椎の脊柱管が狭い。
  • 後天的な要因:骨の変形や椎間板・靭帯の突出

後天的に脊柱管が狭くなる危険因子として、以下のようなものが考えられます。

  • 加齢による老化
  • 首を曲げる、ひねる動きをよくしている
  • 運動や事故などで首に強い衝撃を受けた
  • 首に負担のかかる姿勢を長時間続けている

危険因子の中でも圧倒的に多いものが「加齢による老化」です。頸部脊柱管狭窄症の症状が出てくるのは50~60歳以降ですが、変性は20代から始まり少しずつ進行していくと考えられています。日ごろから首に負担がかかるような姿勢はとらないように気をつけましょう。

4. 頸部脊柱管狭窄症の治療

頸部脊柱管狭窄症の治療には、大きく分けて保存療法と手術療法があります。

頸部脊柱管狭窄症の保存療法は、手術をしなくても回復が期待できる場合や、日常生活にそれほどの支障がない場合に選択されます。

頸部脊柱管狭窄症の保存療法には、薬物療法・理学療法・装具療法・神経ブロック注射などがあります。

頸部は運動頻度が高く、頭部を乗せる支柱の役割もあるため、負担がかかりやすい部分です。どの治療法を選択しても、できるだけ安静にすることが必要です。

  • 薬物療法:鎮痛剤・筋弛緩剤・血流改善薬など
  • 理学療法:温熱療法・牽引療法など
  • 装具療法:頚椎カラーやコルセットによる患部の固定
  • 神経ブロック注射:神経に局所麻酔を注射し、痛みの伝導路を遮断・手術療法:脊柱管を広げ、圧迫を取り除く

頸部脊柱管狭窄症の手術療法には、頚椎前方固定術椎弓(ついきゅう)形成術などがあります。しかし、頸部(首)の手術はリスクも高いため、慎重な判断が求められます。手術をしないと回復が期待できない場合でも、リスクを考え保存治療が選択される場合があります。

頸部(首)は、命にかかわる大切な場所です。頸部脊柱管狭窄症の治療にはいくつかの選択肢がありますが、できるだけ頸部脊柱管狭窄症の治療実績がある専門性の高い医療機関(整形外科又は脳神経外科)を受診するようにしましょう。

頸部脊柱管狭窄症は、そのままにしておくと、手足のまひなど大きな症状を引き起こす場合があります。頸部脊柱管狭窄症は、早期の適切な治療が大切です。頸部脊柱管狭窄症は、原因をみつけ、しっかりと治療をすれば良くなる病気です。どうぞあきらめないでください。

ご予約・お問合せはこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約下さい。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約・お問合せはこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

スタッフ紹介

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

医院のご案内

赤枠=休診日
土曜日・日曜日も診察しています。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

当院は完全予約制です

078-891-3590

診療時間

 
9:00~13:00
14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。