神戸市灘区の横幕鍼灸院は、どこへ行っても良くならない痛み・めまい・耳鳴り・難聴・不妊症・自律神経失調症・緑内障等の症状を専門に鍼灸治療致します。

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制 まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

手根管症候群を治すために

手根管症候群を治すために

手根管症候群の症状・原因・治療

手根管症候群は、手首を通る神経の異常がもとで起こる手指に関する症状です。

手先をよく使う職業の方や、日常的に家事をしなければならない主婦の方に発症することが多いといいます。

手根管症候群を治すためには、手根管症候群の症状・原因・治療について知ることが大切です。

このページでは、手根管症候群を治したい方のために、手根管症候群の症状・原因・治療について詳しく説明しております。


【目次】

  1. 手根管症候群とは
  2. 手根管症候群の症状
  3. 手根管症候群の原因
  4. 手根管症候群の治療

1.手根管症候群とは?

手根管症候群とは、手関節にある手根管(しゅこんかん)内で正中神経が圧迫されることで問題が起き、手指に痛みやしびれが生じる病状です。

手根管そのものは収縮のできない管であり、手根骨じん帯に囲まれています。

正中神経は手指を動かすための神経で、9本の腱とともに手根管の中を通っています。頻繁に手首や指を使うことで、手根管内にある正中神経に圧力がかかります。

圧迫されると正中神経は扁平になり、何らかの異常をきたします。それが手根管症候群の発症へとつながるのです。

2.手根管症候群の症状

手根管症候群の症状は、たいてい突発的に起こります。最初にしびれの症状が出て、次第にその範囲が拡がります。そのうち痛みも伴うようになります。

初期には、夜が明けるころの時間帯に症状が強くでる傾向がありますので、起床する時に痛みやしびれ、こわばりなどを感じるようになります。

最初は、人さし指と中指に違和感があらわれます。正中神経の機能が及ぶ範囲は、親指からくすり指の内側までとなっています。

手根管症候群の病状が悪化すると、それら3本と半分のすべてに痛みやしびれが拡がることになります。

手根管症候群の特徴としてよく言われることに、親指と人さし指の先端をくっつけて環をつくる「OKサイン」ができないということがあります。このサインができなければ、手根管症候群の疑いがあるといえます。

3.手根管症候群の原因

手根管症候群の正確な原因はわかっていません。ただ誘発する要因は、いくつかあります。

まず手指を酷使しすぎていることが考えられます。

縫い物や編み物、陶芸やそば打ち、小売店でのレジ業務や、パソコンでのタイピング、掃除や調理など、常に手先に力を入れ細かく動かす仕事をする方は発症しやすいといえます。

手根管症候群を発症するのは、男性よりも女性が多いという傾向があります。とくに出産したばかりの時期や更年期などに多々みられます。そのことから、女性ホルモンの増減が誘因している可能性も示唆されています。

二次的に手根管症候群を発症するというケースもあります。テニスやゴルフ、卓球、バドミントンなどスポーツのし過ぎによる腱鞘炎(けんしょうえん)や、手首や指のケガ、骨折をするとむくみや炎症が起こり、それらがきっかけとなるのです。

こぶのような腫瘤(しゅりゅう)腫瘍(しゅよう)は、細胞の増殖から新たにできる組織の塊ですが、これらが手根管症候群の原因となることもあります。また、長年にわたり人工透析を受けている方も、カルシウムが石灰化し関節に付着することで、手根管症候群を発症しやすくなります。

4.手根管症候群の治療

手根管症候群の治療は、症状が軽い場合から難治性に至るまで、それぞれ治療の方法があります。

まず手根管症候群を疑ったら、下記の方法で診断できます。

・ティネル様サイン
打腱器などの診断機器で手関節をたたき、痛みやしびれの症状が指先に出てくるか確認します。感覚反応をみて陽性か陰性かを判断します。

・ファレンテスト
左右両方の手首を90度に曲げ、手の甲部分を合わせたまま1分ほど待ちます。その間に痛くなる、しびれるといった症状がひどくなるか確認します。次第に悪化するようであれば陽性とされます。

・その他の検査
電気での筋電図検査や、母指球(ぼしきゅう:親指つけ根のふくよかな丘部分)の筋肉が萎縮していないか、また筋力が落ちていないかをみます。また正中神経が手根管内を伝わる速度がどれくらいかの測定も行います。

具体的な治療としては、軽症であれば炎症を抑える薬やビタミンB12などの内服薬、湿布を貼るなどで対処します。腱鞘炎からきている手根管症候群は、腱鞘そのものに注射を打つ療法もあります。また局所的な安静を図る「シーネ固定」療法などがあります。

母指球筋の衰えや、腫瘍などの難治性のものでは、外科的な手術の方法をとります。最近では、内視鏡術など切開する部分をなるべく狭くして、術後の負担を軽くする方法で実施しています。誘発していた組織を取り除くことで、病状の回復が期待できます。

さまざまな治療法がありますが、基本的に手根管症候群は、それまで酷使してきた手首や手指を休ませることが肝心です。仕事や生活のリズムが変わるのは仕方のないことです。あせらず安静にするのが、いちばんの薬となります。どうぞあきらめず治療を続けてください。

ご予約・お問合せはこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約下さい。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約・お問合せはこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

スタッフ紹介

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

医院のご案内

赤枠=休診日
土曜日・日曜日も診察しています。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

当院は完全予約制です

078-891-3590

診療時間

 
9:00~13:00
14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。