神戸市灘区の横幕鍼灸院は、どこへ行っても良くならない痛み・めまい・耳鳴り・難聴・不妊症・自律神経失調症・緑内障等の症状を専門に鍼灸治療致します。

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制 まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

夜間頻尿を治すために

夜間頻尿の症状・原因・治療

夜間頻尿(やかんひんにょう)とは、就寝後にトイレに行きたくなって、何度も起きなければならない状態のことで、ご年配の方に多い症状です。

4,500万人の方が夜中に1回以上はトイレのために起きるという報告があります。 

夜間頻尿の方は、夜中に何度も起きることになるので、睡眠不足となり、日常生活に影響を与えます。

相談もしにくく、泊りがけで外出することが不安になります。就寝後の不安なく楽しめるように、夜間頻尿の症状を治したいものです。 

夜間頻尿は、加齢や病気、生活習慣の乱れ等が原因とされます。夜間頻尿の原因を把握し、原因を取り除くことで症状が改善されます。 

夜間頻尿を治すためには、夜間頻尿の症状・原因・治療について知ることが大切です。このページでは、夜間頻尿を治したい方のために、夜間頻尿の症状・原因・治療について詳しく説明しております。 

 

【目次】

  1. 夜間頻尿とは?
  2. 夜間頻尿の症状
  3. 夜間頻尿の原因
  4. 夜間頻尿の治療

1. 夜間頻尿とは?

夜間頻尿とは、就寝後に尿意を催し、トイレに行くために何度も起きなければならない状態のことです。夜間頻尿に悩まれる方は、年齢とともに多くなると言われています。 

トイレに行く回数が18回を超えると頻尿と言います。しかし、これはあくまでも目安であり、8回未満でも頻尿と言う場合もあります。

個人差もありますが、それまでの回数と比べて、あきらかにトイレに行く回数が増えたら頻尿の可能性があります。 

4,500万人の方が、夜中に1回以上は目を覚ましてトイレに行くということです。臨床的には、2回以上トイレのために起きる方が夜間頻尿とされ、治療の対象とされています。 

ただし、お酒や水を普段より多量に飲むなど、尿量が増えるようなはっきりとした理由があり、その時だけの一時的なものは頻尿とは言いません。 

夜間頻尿は、頻尿の症状の中でも最も多くの方が悩んでいる症状です。年齢のせいで仕方がないと思われがちですが、糖尿病心不全睡眠時無呼吸症候群などを発見するきっかけとなることもあります。 

夜間頻尿になると、夜中に目が覚め、トイレまで行かなければならないので、慢性的な睡眠不足となります。そのため、日中に眠気がきて集中力を保てないことがあります。また、夜中にトイレに行くため、つまずいてケガをする危険性もあります。 

女性の場合、夜間頻尿の症状が気になっていても、特に対策を取らず、ついそのままにしてしまっていることが多いと言います。夜間頻尿が何か病気の症状の一つであるかもしれません。何が問題となっているのかを知る必要があります。 

何も対策を取らなければ、夜間頻尿の不快な症状はそのまま続くか、悪化することが考えられます。不快な症状はなるべく早く取り除きたいものです。 

夜間頻尿はご本人だけでなく、ご家族も気になる症状です。睡眠不足を解消するためにも、ケガの危険性を回避するためにも、生活を楽しむためにも、きちんと対策を取って夜間頻尿を治しましょう。

2. 夜間頻尿の症状

夜間頻尿の症状は、夜寝たあとに尿意を催すことです。トイレに行く回数が18回を超えると頻尿と言い、そのうち就寝後に頻繁にトイレに行くことを夜間頻尿と言います。

臨床的には、夜間2回以上トイレに行く場合が治療の対象となります。 

これらは、夜間頻尿の目安であり、個人差がありますので、必ずしもこの数値通りではありません。それまで就寝後にトイレに起きることがなかった人が、頻繁にトイレに行くようになったら、夜間頻尿と考えられます。 

夜間頻尿の症状は夜中に何度もトイレに行くことですが、そのために、不眠、睡眠不足、日中の眠気、ケガの危険性、不安、ストレスが引き起こされます。さらに、免疫力低下、自律神経の乱れにもつながります。

3. 夜間頻尿の原因

夜間頻尿の原因はさまざまですが、大きく3つに分けることができます。その原因に影響を与えている要素をご紹介します。

ご自身の夜間頻尿を引き起こしている原因が、持病にあるのか、生活習慣にあるのかを知ることが治療の第一歩です。

(1)夜間多尿
  • 水分の取り過ぎ:尿量を増やす直接的な原因となる
  • 塩分の取り過ぎ
  • 腎機能障害・糖尿病・心不全・高血圧などの疾患
  • 利尿剤の使用:利尿作用が働く
  • 抗利尿ホルモンの減少
  • むくみ
  • 肥満・メタボリック症候群
2)膀胱(ぼうこう)容量の減少
  • 加齢:膀胱の収縮力が低下する
  • 過活動膀胱:排尿に使う筋肉が過剰に働き突然尿意を催す
  • 前立腺肥大症:肥大した前立腺が尿道を圧迫する
  • 膀胱炎:尿道が短いため女性に多い
3)睡眠障害
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 加齢:睡眠が浅く覚醒しやすい
  • 精神疾患
  • むずむず脚症候群
  • 薬剤
4)自律神経の障害
  • ストレス:交感神経と副交換神経のバランスが乱れる
  • 睡眠不足:夜間頻尿による睡眠不足

また、女性の場合、閉経後に女性ホルモン「エストロゲン」が減少します。エストロゲンは、正常な排尿を促す働きがあるため、その減少により排尿機能が全般的に低下し、夜間頻尿が起こることがあります。

4.夜間頻尿の治療

夜間頻尿の治療をする際には、問診と排尿日誌が重要視されます。さらに検査を行って身体の状態を確認します。

問診

基礎疾患・循環器疾患の有無、むくみの有無、水分・アルコール・カフェインの摂取、薬剤の使用について確認します。 

排尿日誌

24時間、トイレに行った時刻尿量を記録します。これにより、1日の尿量1回の尿量トイレの回数などがわかります。

夜間の尿量が1日の3分の1以上であると、夜間多尿であると判断されます。

●検尿

膀胱炎など尿路感染の有無を調べます。 

夜間頻尿の治療は、その原因となっている病気の治療、および生活改善の指導が中心となります。

(1)薬物療法
  • 抗利尿ホルモン:利尿作用を抑える
  • 抗コリン薬:過活動膀胱を抑える、夜間尿量が減少する、睡眠の質が向上する
  • 睡眠薬:睡眠障害を緩和する
  • 自律神経調整薬:自律神経のバランスを整える
  • 抗不安薬:自律神経の緊張を緩和する 

病気治療のために利尿作用のある薬を服用されている方は、薬の変更を相談してみましょう。

(2)生活習慣の改善
  • 水分・カフェイン・アルコールを控える:多尿・利尿の原因を減らす
  • 就床時の保温
  • 塩分摂取量を減らす:水分の取り過ぎを防ぎ、多尿の原因を減らす
  • むくみ対策:散歩、湯船につかる、屈伸、脚のマッサージ
  • バランスの良い食事
  • 眠りやすい環境を整える 

習慣化していることが夜間頻尿の原因と考えられる場合は、意識してその習慣を変えてみましょう。夜間頻尿が改善される可能性があります。就寝時間が近くなったら、飲み物を飲み過ぎないようにしましょう。

3)経鼻的持続陽圧(けいびてきじぞくようあつ)呼吸法

睡眠時無呼吸症候群に対して行う治療法で、夜間頻尿が50%減少したという報告があります。

夜間頻尿は、加齢や病気、生活習慣などと関連があります。病気が夜間頻尿の原因となっている場合は、その疾患を治療することが必要です。病気が良くなれば、夜間頻尿の症状が治まる可能性があります。 

食事や就寝の時間が不規則であるなど生活習慣が乱れていると、体が混乱し排尿時間も乱れて夜間頻尿につながることがあります。思い当たる人は、生活リズムを整えることを心がけましょう。 

夜間頻尿の原因となっている疾患や生活習慣を取り除くことで、夜間頻尿の症状が改善されます。夜間頻尿の苦痛から開放され、気持ちの良い朝を迎えたいものです。どうぞあきらめないでください。

ご予約・お問合せはこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約下さい。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約・お問合せはこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

スタッフ紹介

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

医院のご案内

赤枠=休診日
土曜日・日曜日も診察しています。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

当院は完全予約制です

078-891-3590

診療時間

 
9:00~13:00
14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。