神戸市灘区の横幕鍼灸院は、どこへ行っても良くならない痛み・めまい・耳鳴り・難聴・不妊症・自律神経失調症・緑内障・糖尿病・アトピー性皮膚炎・パーキンソン病などを中心に症状改善を目指しています。

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制 まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

ぎっくり腰のチェックシート

ぎっくり腰のチェックシート

ぎっくり腰病のチェックシート

更新日:2022年3月19日

ぎっくり腰とは、急に起こった強い腰の痛みの通称として一般的に用いられる名称で、正式名称を「急性腰痛症」といいます。 

ぎっくり腰は、重いのものを急に持ち上げたときや、腰をひねるなどの動作をしたときに発症することが多いですが、朝起きたときに急に生じることもあります。

痛みの程度には個人差があり、急な腰の痛みで動けなくなる人もいれば、歩いたりはできるものの、前かがみになるなど腰に負担のかかる体勢になると鋭い痛みが生じるという人もいます。 

ぎっくり腰と聞くと、高齢の方がなるというイメージをお持ちになる方も多いですが、若い人がなることも珍しくありません。ぎっくり腰は、一度発症してしまうと、その後繰り返しやすくなると言われています。このページでは、ぎっくり腰について詳しくご説明いたします。 

 

【目次】

  1. ぎっくり腰とは?
  2. ぎっくり腰のチェックシート
  3. ぎっくり腰の原因
  4. ぎっくり腰の治療
  5. ぎっくり腰の当院の鍼灸治療

1. ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰とは「急性腰痛症」の通称名で、発症してから4週間未満の腰痛を急性腰痛症として定義しています。突然痛みだす腰痛がぎっくり腰の特徴で、重いものを急に持ち上げたり、急に腰をひねるなどの動作をしたときに発症することが多いと言われています。 

ぎっくり腰の症状は重いものから軽いものまで個人差がありますが、症状が重い場合には痛みで動けなくなることもあります。安静にしていると数日から数週間で自然に痛みが和らいでいくことがほとんどです。 

ぎっくり腰は、以前は加齢とともに発症頻度が高くなるイメージがありましたが、最近では若い人がぎっくり腰になることも多く、日常的に疲労がたまりやすい生活を送っている方など注意が必要です。また、子育てをしている女性なども腰に負担がかかりやすく、ぎっくり腰になりやすいとされています。

2.ぎっくり腰のチェックシート

ぎっくり腰の特徴的な症状やぎっくり腰になりやすい人の特徴をご紹介します。ご自身の症状がぎっくり腰によるものなのか、ぎっくり腰のチェックシートを使って確認していきましょう。

ぎっくり腰のチェックシート


□ 腰の痛みがある


□ 物を持ち上げるときに腰痛が出現した


□ 咳やくしゃみをしたときに腰痛が出現した


□ 前かがみになったときに腰痛が出現した


□ 椅子から立ち上がるときや起き上がる時に腰の痛みがひどくなる


□ 背骨や背中の痛みがある


□ 体勢や姿勢を変えると症状が悪化、もしくは改善する


□ まっすぐ立つと腰が痛い


□ 過去にぎっくり腰になったことがある


□ 腰の痛みで歩くのがつらい


□ デスクワークが多い


□ 日常的に重い荷物を運ぶことが多い


□ 運動不足である


□ 不規則な生活習慣をしている


□ 姿勢が悪い、中腰の姿勢が多い


□ ストレスが多い


□ 子どもを抱っこすることが多い


 

いくつ該当するものがありましたでしょうか?該当する項目が多いほどぎっくり腰である可能性が高くなります。しかし、下肢にしびれや痛みがある場合や、腹部に響くような痛みがある場合、安静にしていてもよくならない場合の腰痛は、ほかの病気が原因となっていることもありますので注意が必要です。必ず早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

3.ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因は、加齢によるもの、姿勢の悪さ、腰の関節のずれ、腰の軟骨(椎間板)の損傷、腰を支える筋肉や腱・じん帯の損傷などが考えられますが、原因がはっきりしない場合も少なくありません。 

腰痛にはがんや感染症、骨折、内臓の病気など、他の重大な病気が隠れていることもあり、血液検査やMRI検査、CT検査などを行い、さらに原因を詳しく調べることがあります。 

4.ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰の治療には、薬物療法、神経ブロック療法などがありますが、ぎっくり腰の多くは安静にすることで数日から数週間で自然に症状が改善することもあります。 

薬物療法では、痛み止めや、筋肉の緊張をほぐす薬などが用いられます。神経ブロック療法とは、関節や神経への局所麻酔の注射により、痛みの伝わる経路を遮断することで痛みを軽減する治療方法です。 

安静にしていると痛みが和らぎますが、近年では過度な運動制限は筋力を低下させ、逆にぎっくり腰が長引く可能性があるとも言われています。どの程度の運動制限をすべきかについては医師と相談するようにしましょう。 

ぎっくり腰は「急性腰痛症」のことで、急に生じる強い腰の痛みの通称として広く知られています。急な動作などで腰に負担がかかったときに生じることが多いですが、朝起きたときなど前触れもなく急に生じることもあります。 

まずは、ぎっくり腰のチェックシートでご自身の症状を確認してみましょう。下肢にしびれや痛みがある場合や、腹部に響くような痛みがある場合には、他の重大な病気が隠れている可能性もありますので注意が必要です。自己判断をせず、必ず医師の診察を受けるようにしてください。

5.ぎっくり腰の当院の鍼灸治療

ぎっくり腰は強い痛みを伴い、日常生活に大きな支障をきたします。早く治すためには早期の治療が大切です。しっかりと治しておかないと今後再発する可能性が高いので注意が必要です。 

当院では以下のポイントでぎっくり腰を治療します。

痛みの早期改善

ぎっくり腰は強い痛みを伴います。ひどくなれば精神的なダメージも大きくなります。当院では早期の痛みをとるために、痛みの強い部分の筋肉の緊張をとる鍼灸治療を行います。 

腰周辺にとどまらず、背中から足先全体まで見ることが場合によっては必要です。出来る限り速やかに痛みを取ります。

内臓機能の調整

ぎっくり腰になる原因の一つに内臓機能の不調があります。お腹がゆるい、便秘症の方、胃の痛みをお持ちの方は特にその傾向が強いです。 

内蔵機能を改善することは、ぎっくり腰の治療にはとても重要です。再発を防ぐためにも鍼灸治療を行います。

自律神経の改善

自律神経のバランスが乱れるとぎっくり腰が起こりやすいです。ストレス・疲れ・頑張りすぎの方などです。自律神経のバラスンの乱れは、血流を悪くし、痛みのレベルを上げていきます。 

当院の鍼灸治療は自律神経のバランスの乱れを整えるのが得意です。しっかりと治療をします。

ぎっくり腰は、大抵の場合、安静にしていることにより数日から数週間で自然に改善します。しかし、一度ぎっくり腰になってしまうとその後も再発を繰り返しやすいと言われています。どうぞお一人で悩まず、早期に治療を始めて下さい。

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約下さい。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

火曜日・水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00x××
14:00-17:00x×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

今月の診察日のご案内

赤文字=休診日
土曜日・日曜日も診察しています。
お電話によるご予約受付も年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

当院は完全予約制です

078-891-3590

診療時間

 
9:00~13:00
14:00~17:00

当院の紹介

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

受付時間 9:00-18:00

当院の概要はこちら

当院の理念はこちら