神戸市灘区の横幕鍼灸院は、どこへ行っても良くならない痛み・めまい・耳鳴り・難聴・不妊症・自律神経失調症・緑内障・糖尿病・アトピー性皮膚炎・パーキンソン病などを中心に症状改善を目指しています。

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制 まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

脊柱管狭窄症のチェックシート

脊柱管狭窄症のチェックシート

脊柱管狭窄症のチェックシート

更新日:2022年5月19日

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、脊髄の神経が通る「脊柱管」が狭くなる病気のことで、脊柱管が狭くなり中を通る神経が圧迫されることで、腰や足の痛みやしびれなどの症状が起こります。 

脊柱管狭窄症は加齢による影響が大きいと考えられ、50歳代から徐々に増えはじめ、6070歳代に多くみられますが、生まれつき脊柱管の狭い人は3040歳代で発症することも珍しくありません。 

脊柱管狭窄症が進行すると、仰向けの状態で足を伸ばして眠れなくなるほか、排尿や排便障害が起こる可能性があります。腰痛や足の痛み、しびれを感じる場合には早めに病院を受診するようにしましょう。このページでは、脊柱管狭窄症についてくわしくご説明いたします。 

 

【目次】

  1. 脊柱管狭窄症とは?
  2. 脊柱管狭窄症のチェックシート
  3. 脊柱管狭窄症の原因
  4. 脊柱管狭窄症の治療
  5. 当院の脊柱管狭窄症の鍼灸治療

1. 脊柱管狭窄症とは?

▲クリックして画像を拡大

脊柱管狭窄症とは、脊髄の通る「脊柱管」が狭くなることで神経が圧迫される病気です。腰痛はそれほど強くないことが多く、下肢のしびれや痛み、足のもつれなどの症状が起こります。 

しばらく歩くと痛みやしびれが生じるものの、前かがみになって休むと楽になり、また歩けるようになるのを繰り返す状態を「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」といい、これが脊柱管狭窄症の特徴的な症状として知られています。 

立ちっぱなしや、睡眠時に仰向けで足を伸ばした状態など、背筋を伸ばした姿勢のときに痛みやしびれを生じ、体を丸めるような姿勢や前かがみになるような姿勢では楽になるといった場合には、脊柱管狭窄症が疑われます。

2.脊柱管狭窄症のチェックシート

ご自身の症状が脊柱管狭窄症によるものなのか、脊柱管狭窄症のチェックシートを使って確認していきましょう。

脊柱管狭窄症のチェックシート


□ 腰の痛みは強くはないが、足からおしりにかけて痛みやしびれがある


□ しばらく歩くと足の痛みやしびれを生じ、少し休むと症状がおさまり歩け                 るようになるといった状態を繰り返す


□ 立ちっぱなしの姿勢のときに足の痛みやしびれが酷くなる


□ 前かがみになったり座ったりすると痛みやしびれが楽になる


□ 体を伸ばして歩くと痛みやしびれが強くなる


□ 後ろに反る体勢がつらく感じる


□ 仰向けで足を伸ばして眠るのがつらい


□ 長く歩くことは難しいが、自転車に乗ることはできる


□ 下肢に力が入らない


□ 頻繁につまずくことがある


□ 肛門まわりにしびれやほてりがある


□ 尿が出にくい感じがある


□ 尿漏れすることがある


 

いくつ該当するものがありましたでしょうか?該当する項目が多いほど脊柱管狭窄症である可能性が高くなります。しかし、脊柱管狭窄症以外にも、椎間板ヘルニアなどで似たような症状が起こる場合があります。また、下肢の動脈が詰まって血流障害を生じたときにも似たような症状が起こりますので、X線検査(レントゲン)やMRI、脊髄造影検査などを行い、病院で詳しく診断をすることが重要です。

3.脊柱管狭窄症の原因

▲クリックして画像を拡大

脊柱管狭窄症の原因は、脊柱管が狭くなることで中を通る神経が圧迫され、神経の血流が低下することです。 

人間の身体を支える背骨は、椎骨と呼ばれる骨が積み重なってできています。これらの椎骨には穴が開いており1本の管のようになっています。これを「脊柱管」と言います。 

脊柱管が狭くなってしまう原因として考えられるのは、加齢や腰椎に負担のかかるような労働、背骨の病気による椎間板や骨の変形、じん帯の緩みなどです。

そのほか、喫煙やストレスも椎間板周囲の血行不良を引き起こし、椎間板に悪影響を与える可能性があると考えられています。

4. 脊柱管狭窄症の治療

脊椎間狭窄症の治療には、手術療法、薬物療法、神経ブロック療法などがあります。根本的な原因を取り除くには、神経を圧迫している骨やじん帯を削る手術や、脊柱管を広げたあとに金属やボルトで背骨を固定する手術を行わなければなりません。 

症状が軽い場合には、痛み止めや血流を促進する薬による薬物療法、関節や神経への局所麻酔を注射する神経ブロック療法のほか、コルセットの装着、ストレッチやリハビリテーションなどで症状が改善することもあります。 

脊柱管狭窄症の治療法は、脊柱管の狭窄や神経の圧迫程度、日常生活への支障の程度によって最適な治療法が選択されます。柱管狭窄症の症状がでているにもかかわらず、その状態を放置していると、神経そのものが悪化して元に戻らないこともありますので必ず医療機関を受診してください。 

脊柱管狭窄症は、加齢や腰椎に負担のかかるような労働、背骨の病気など、なんらかの原因により脊柱管が狭くなることで神経が圧迫され、下肢のしびれや痛み、腰の痛みなどが生じる病気です。 

まずは、ご自身の症状が脊柱管狭窄症の症状に合致するのか、脊柱管狭窄症のチェックシートで確認してみましょう。似たような症状には他の病気が隠れている可能性もありますので、いつどのような痛みが生じるのかなどを把握しておくことが大切です。そのうえで医師の診察を受け、適切な治療を行うようにしましょう。

5.当院の脊柱管狭窄症の鍼灸治療

当院では脊柱管狭窄症でお困りの方に対して以下の鍼灸治療を行います。

痛み・しびれの改善

脊柱管狭窄症では、痛み、しびれなどの症状が出ます。特に長期間にわたる方が歩けなくなる場合もあります。 

痛み・しびれの原因は筋肉の緊張から起こる事が多いです。痛む部分を押さえると、鈍痛・固くなっている事があります。このような場合、鍼灸治療により筋肉を直接ゆるめることができます。

神経の伝達をよくする

脊柱管狭窄症の場合、神経の圧迫が原因となります。この影響により、神経の状態が悪くなります。特に神経に対する血流の状態が悪くなりますとより症状が強くなります。

当院の鍼灸治療ではこの神経の状態に着目して症状の改善を行います。

自律神経のバランスを整える

脊柱管狭窄症の症状が長期間続くと自律神経のバランスが乱れます。精神状態にも大きな影響を与えます。このため生活にも支障が出始めます。 

鍼灸治療は副作用なく自律神経のバランスを整えることができます。とても重要な脊柱管狭窄症の治療ポイントです。 

脊柱管狭窄症の症状が軽い場合には、薬物療法やリハビリテーションなどの保存療法で症状が改善する可能性がありますが、症状が悪化した場合や改善しない場合には手術が必要です。 

そのような状況にならないためにも早期の治療が大切です。脊柱管狭窄症はしっかりと治療をすればよくなる病気です。どうぞ、お一人で悩まないでください。

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約下さい。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

火曜日・水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00x××
14:00-17:00x×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

今月の診察日のご案内

赤文字=休診日
土曜日・日曜日も診察しています。
お電話によるご予約受付も年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

当院は完全予約制です

078-891-3590

診療時間

 
9:00~13:00
14:00~17:00

当院の紹介

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

受付時間 9:00-18:00

当院の概要はこちら

当院の理念はこちら