神戸市灘区の横幕鍼灸院は、どこへ行っても良くならない痛み・めまい・耳鳴り・難聴・不妊症・自律神経失調症・緑内障・糖尿病・アトピー性皮膚炎・パーキンソン病などを中心に症状改善を目指しています。

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制 まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

尋常性乾癬

尋常性乾癬の症状・原因について

更新日:2021年9月20日

top_yokomkau_mo01_01ss.jpg

慢性の炎症性皮膚疾患に乾癬という疾患があります。尋常性乾癬の「尋常性」には「ありふれた」という意味です。乾癬は症状などによりさらに細かく分類されますが、なかでも最もよくみられる種類は「尋常性乾癬」と分類される種類のもので、乾癬を患っている方の約9割が尋常性乾癬です。 

尋常性乾癬は皮膚が赤くただれたようになり、その部分の皮膚がフケのように剥がれ落ちたりする皮膚の疾患です。痒みや痛み、腫れなどを伴うこともあります。尋常性乾癬は精神的な負担も大きい症状です。 

このページでは、尋常性乾癬でお悩みの方に尋常性乾癬の症状・原因・治療について詳しく説明しております。

 

【目次】

  1. 尋常性乾癬​とは?
  2. 尋常性乾癬の症状
  3. 尋常性乾癬の原因
  4. 尋常性乾癬の治療
  5. 尋常性乾癬を改善する当院の鍼灸治療

1.尋常性乾癬とは

top_yokomkau_mo01_01ss.jpg

尋常性乾癬とは皮膚が赤くなったり、皮膚が盛り上がったり、その部分にできたかさぶたのようなものがぽろぽろと剥がれ落ちたりする症状がみられる、皮膚の疾患です。 

尋常性乾癬は日本国内では約43万人~56万人と推計されており、欧米と比較するとその数は少ないですがこの数は近年増加傾向にあります。一般的には、尋常性乾癬でお悩みの方は女性より男性のほうがやや多いとされます。年代は10代~70代と広範囲に及んでいます。 

尋常性乾癬の皮膚症状は全身のさまざまな場所にみられますが、特に皮膚刺激が多く、皮膚がこすれるような肘や膝、頭や背中などによくみられることが明らかになっています。

2.尋常性乾癬の症状

尋常性乾癬の症状には、主に以下のような症状があります。

top_yokomkau_mo01_01ss.jpg

  • 紅斑・丘疹(こうはん・きゅうしん)
    皮膚が赤くなる、丸く盛り上がる
     
  • 浸潤・肥厚(しんじゅん・ひこう)
    皮膚の赤い部分が盛り上がる
     
  • 鱗屑(りんせつ)・落屑(らくせつ)
    皮膚の表面に銀白色の細かいかさぶたのようなものができ、その部分がぽろぽろとフケのように剥がれ落ちる

これらが尋常性乾癬の代表的な症状ですが、このような症状の部分にかゆみを感じる方が約半数いらっしゃるといわれています。また、爪や関節に症状があらわれる方もおり、爪の表面に小さな凹凸が生じたり、爪が浮き上がって剥離したり、爪が厚くぼろぼろと落ちたり、関節に痛みや腫れなどが生じることもまれにあります。

3.尋常性乾癬の原因

top_yokomkau_mo01_01ss.jpg

尋常性乾癬の原因はまだはっきりとわかっていないものの、遺伝的な要因と環境要因が関係していると考えられています。 

遺伝的な要因とは尋常性乾癬になりやすい体質のことで、何らかの原因で免疫機能が異常をきたし、異物ではなく自分自身を攻撃することによる「自己免疫反応」が生じている可能性があります。 

環境要因とは、不規則な生活や食事などの生活習慣、肥満、ストレス、感染症、服用している薬、皮膚への刺激などです。特にストレスは自律神経の乱れを生じることによって尋常性乾癬の症状を引き起こす大きな原因となります。 

これらの要因が複雑に関わり合って、尋常性乾癬が発症すると考えられています。 

尋常性乾癬の皮膚症状があらわれている部分では、皮膚が厚くなっています。これは、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が異常に活発になり、皮膚の細胞が増えて厚く積みあがっているためです。この積み重なった表皮がぼろぼろとフケのようにはがれ落ちる症状へとつながります。

4.尋常性乾癬の治療

尋常性乾癬の治療は、大きく4つの方法があります。

  • 外用療法(塗り薬)

    尋常性乾癬の治療として最初に選択される最も基本的な治療方法です。ステロイド剤や活性型ビタミンD3外用薬などを用います。

  • 光線療法

    外用療法を行っても尋常性乾癬が改善しない場合には光線療法が行われます。

    皮膚に直接紫外線を当てることとで、免疫反応を抑制し、尋常性乾癬の皮膚症状を改善することが期待されている治療方法です。

  • 内服療法(飲み薬)

    外用療法を行っても尋常性乾癬が改善しない場合、内服療法の実施や、内服療法と光線療法と組み合わせることにより皮膚症状の改善を目指します。中等症~重症の尋常性乾癬の方に選択されることが多い治療方法です。

  • 注射・点滴療法(生物学的製剤)

    2010年に登場した比較的新しい治療方法です。他の治療方法で効果がみられない場合に用いられ、注射や点滴などを投与することにより尋常性乾癬にかかわるサイトカイン(細胞から分泌される低分子のたんぱく質)を抑制する治療方法になります。

尋常性乾癬の治療では、ひとりひとりの症状やライフスタイルに適した治療方法を選択することが重要です。 

尋常性乾癬とは、皮膚が赤くなる、盛り上がる、その部分がフケのように剥がれ落ちる、といった特徴的な皮膚症状がみられる慢性の炎症性皮膚疾患です。尋常性乾癬が発症する原因もまだはっきりとは明らかになっていません。 

尋常性乾癬は皮膚症状のため周囲から誤解を招いてしまうことも少なくなく、周囲の目が気になる方や、それによってつらい思いをしている方もたくさんいらっしゃいます。
しかし、尋常性乾癬は決して人にうつる病気ではありません。

5.尋常性乾癬を改善する当院の鍼灸治療

top_yokomkau_mo01_01ss.jpg

当院では薬を使わずに尋常性乾癬の治療を行います。尋常性乾癬でお困りの方の多くは体質的に皮膚が弱くなりやすい傾向があります。特にストレス・頑張りすぎ・生活習慣の乱れにより自律神経のバランスが乱れている方が多いです。 

自律神経のバランスを整える事がとても重要です。自律神経の交感神経が慢性的に強くなっている状態を改善していきます。各人によって効果的なツボを選んで、鍼灸治療を行います。 

現在、お困りのかゆみなどに代表される尋常性乾癬の症状を早急に改善しながら、根本的な原因である体質改善を合わせて行う事が重要です。このため、食生活・睡眠を含めた生活習慣指導を合わせて行っていきます。 

尋常性乾癬の治療は、適切な治療を行うことにより症状の改善が大いに期待される病気です。また、生活習慣や精神的なストレスを改善することによって尋常性乾癬の症状をコントロールできる可能性があります。尋常性乾癬は肉体的にも、精神的にもおつらい病気です。どうぞお一人で悩まないでしっかりと改善していきましょう。

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約下さい。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

火曜日・水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00x××
14:00-17:00x×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

今月の診察日のご案内

赤文字=休診日
土曜日・日曜日も診察しています。
お電話によるご予約受付も年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

当院は完全予約制です

078-891-3590

診療時間

 
9:00~13:00
14:00~17:00

当院の紹介

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

受付時間 9:00-18:00

当院の概要はこちら

当院の理念はこちら